東京都日野市栄町1丁目31番地4号 1階

インプラント・入れ歯・ブリッジ|日野YOUデンタル - 日野駅徒歩5分の歯医者・歯科医院

インプラント・入れ歯・ブリッジ

Implant / Denture

MENU

インプラント

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着して歯の機能を回復させる治療です。インプラントが顎の骨としっかり結合することで、天然歯と変わらないしっかりとした噛み心地が戻る上に見た目も自然で美しいのが特徴です。

土台を整えたうえでのインプラント治療

インプラントは歯肉や顎の骨に埋入を行うため、インプラントを埋め込む土台がしっかりとしていなければなりません。
そのため、インプラント治療前に歯周病治療を行うことが必須です。また、もともと歯周病だった方はインプラントの周りの歯肉が炎症を起こすインプラント周囲炎になる可能性が高いと言われています。そのため、インプラント治療を成功させるには、歯周病の専門家が歯周病治療をし、インプラント治療後のケアもしっかりと行わなければなりません。
当院のインプラント治療は、歯周病治療に精通した日本歯周病学会認定医が適切な歯周病治療を行い歯肉を整えたうえで、インプラント治療を行います。治療後も永く安定したインプラントを保つために、定期的なケアにも重点を置いた診療をご提供いたします。

失った歯の機能を取り戻すために

虫歯や歯周病の悪化、また突然の事故などにより、歯を失ってしまうことがあります。それでも失った部分が表から見えにくい場合などに、そのまま放置される方も少なくありません。しかし歯は1本でも失うとお口の中のバランスが崩れ、さまざまなトラブルを招くため、放置せずできるだけ早く適切な治療を受けることが大切です。
失った歯の機能を快復させる治療として、インプラント治療と精密義歯治療を行っています。歯を失ってしまったら、できるだけ早く当院までご相談ください。

一つの選択肢としてのインプラント治療

インプラント

今日、術前のシミュレーションソフトや正確な埋入のためのコンピューターガイドシステムなど、インプラント治療技術は大きく進歩しました。その結果治療期間や費用、再治療が必要になった場合のわい雑さの改善、まわりの歯にかける負担のなさなど、さまざまな面でのメリットが確認されています。

当院では日本歯周病学会認定医が治療にあたり、先に歯周病治療や根管(こんかん)治療など可能なかぎり歯を残す治療を実施。その上で、歯が残せないという判断に至った場合、患者様が将来的にもしっかりと噛めるお口を保てるよう、その一つの選択肢として多くのメリットを持つインプラント治療を行っています。
患者様のご要望に沿って複数の選択肢をご提示し、どれがもっとも適しているかを一緒に考えて治療に進みます。わからないことや疑問点などがありましたら、何でもお気軽におたずねください。

安心・安全のインプラント治療のために

ガイドシステム

患者様の負担を軽減し、安全性を高めるための設備を導入しています。

コンピューターガイドシステム

当院では理想的かつ正確な位置・角度でのインプラント埋入を可能にするコンピューターガイドシステムの先端機器を導入しています。

歯科用CTを用いた的確な診査診断

初めに、歯科用CTで治療箇所の3D画像データを取得し、神経や血管の位置を把握して診査診断を実施。取得したデータを元に術前シミュレーションを行い、理想的な位置への埋入を可能にするガイドを製作して治療の成功率を高めています。

歯を失った患者様は、歯周病にかかっている方が多いというのが事実です。せっかくインプラントを手術で埋め込んでも、歯周病にかかっているとそのインプラントは抜け落ちてしまうことがあります。
当院では日本歯周病学会所属担当医がインプラント治療を担当。現在のお口の状態から歯周病リスクを調べ、インプラント治療が可能かどうか診査診断を行います。またインプラント治療後にもリスクコントロールを徹底し、長期的によい状態を維持できるようサポートします。

入れ歯・ブリッジ

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法です。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。

入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話にくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

入れ歯の種類

入れ歯の種類は豊富です。見た目の自然さや、保険適用の有無などで様々な種類を選ぶことができます。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感がある場合があることです。

レジン床義歯
レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することができます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

ゴールド床入れ歯
ゴールド床入れ歯

金で土台(床)を作ります。費用は比較的高額になりますが、金属アレルギーや体への影響は少なく、腐食や変色は起こりません。

チタン床義歯
チタン床義歯

チタンで土台(床)を作ります。チタンは体の中に埋め込むことができるほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。

コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯

コバルトクロムで土台(床)を作ります。コバルトクロムは義歯素材として長い歴史のある安心できる素材です。耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価で製作できます。

シリコンの入れ歯
シリコンの入れ歯

土台(床)の一部をシリコンで作る入れ歯です。シリコンは柔らかいので、噛む時の痛みを軽減でき、食材をしっかりと噛めるようになります。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。