東京都日野市栄町1丁目31番地4号 1階

虫歯・小児歯科|日野YOUデンタル - 日野駅徒歩5分の歯医者・歯科医院

虫歯・小児歯科

General dentistry / Pedodontics

MENU

虫歯治療

虫歯の原因

虫歯は、食事をした時に残った糖分をもとに口腔内の細菌が酸を作り出し、この酸が歯を溶かします。人の唾液には、酸を中性にしたり、溶かされた歯を修復したりする働きがありますが、一度虫歯になってしまうと修復が間に合わず、進行してしまいます。

できるだけ歯と神経をのこす治療

誰もが知っているお口の病気、虫歯。「歯がしみる」「痛い」などの症状で気づくことが多いのではないでしょうか。また「虫歯くらい誰でもなる」と軽く考えている方も少なくありませんが、虫歯は悪化すれば歯を失う病気です。できるだけ早く適切な治療を受け、進行を食い止めることが大切です。

少しでも「虫歯かも」と思う症状があれば、お早めにご相談ください。

マイクロスコープを使った精密虫歯治療

虫歯治療では、虫歯菌に冒された歯質を取り除くことが必要です。そのためには、少なからず歯を削らなくてはなりません。しかし削った歯は元通りすることはできず、治療をくり返せば健康な歯をどんどん削ることになり、最後には歯を失ってしまいます。

そこで当院では「生涯自分の歯でおいしく食事をとれる」ことを目標にし、歯の寿命をできるかぎり延ばす虫歯治療のご提供に努めています。たとえば、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)の使用もその一つです。患部を最大25倍に拡大してしっかり確認することで、肉眼では区別できない虫歯と健全な歯質の境界を見極め、必要最低限の切削量に抑えるよう配慮しています。
「徹底的に歯を残す」「歯の神経を残す」という治療を行った後、どうしても神経をとらなければならなくなった場合でも、なるべく神経を残せるよう「歯髄(しずい)保存治療」にも力を入れています。
治療で虫歯が治っても、削った歯質は元に戻りません。

小児歯科

乳歯の重要性

乳歯は丈夫な永久歯が生えるための準備の役割や、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、顎の骨の成長や知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を与えます。
乳歯はいずれ永久歯に抜け替わる歯です。そのため「少しくらい虫歯になっても大丈夫」と思われている方がいますが、それは大きな間違い。お口の中に虫歯菌がいる状態になることで、その後の永久歯まで虫歯にする確率を高めてしまうのです。
お子様を虫歯から守るには、乳歯のころからブラッシングする習慣を身につけると共に、最後にご家族の方がきちんと仕上げみがきをしてあげることが大切です。併せて定期検診にお越しいただくことで、もし虫歯が見つかっても早期の対応が可能になる上に、生え替わりの観察も可能になります。
子どものころにお口が健康であることは、大人になってからのお口の健康、さらに全身の健康にもつながります。小児歯科はそれを叶えるために重要な診療科だといえるでしょう。

痛みを抑えた治療

「歯科治療は痛い」と苦手意識をお持ちの方は少なくありません。当院では、小さなお子様からご年配の方まで、安心してご来院いただけるよう、できるかぎり痛みを抑えられるよう、以下のことを行っています。

表面麻酔の実施

麻酔注射を行う歯ぐきの表面に、あらかじめ塗る麻酔「表面麻酔」を行います。注射針を刺すときのチクッとする痛みが軽減されます。

細い針の採用

注射針は細ければ細いほど、刺さるときの痛みを少なくできます。当院では、現在使用できるものの中でもっとも細い注射針を採用しています。

電動麻酔器の使用

麻酔液が体内に入るときの速度や圧力にムラがあると、痛みが生じます。そこで電動麻酔器を使用して速度や圧力を一定に保ち、さらにゆっくり注入することで痛みを和らげます。